勝手につくば大使

つくばを愛する「勝手につくば大使」がつくばの魅力を発信します。

カエルが700匹近く走るヤバいイベントへ行ったらすごいことになった。【ガマまつり】

あとで読む

スポンサード リンク

筑波山で行われたガマまつりにログイン!

f:id:TSUKUBAtaishis:20170825170628p:plain

今回のクエストでは、筑波山で山の日(8月11日)に開催されたカオスなイベント「ガマまつり」にログイン!

 

まさか山を15回もダッシュで往復して、本物の大使と裸足で走って、ゆるキャラに転身して、アントキの猪木に感謝することになるなんて。

 

 

f:id:TSUKUBAtaishis:20170825170705j:plain

(写真は市役所の酒井さんにいただきました!ありがとうございます!)

 

おーっす!コムです!

ちょっと訳あってバケモノみたいになってます。

これ、バケモノじゃなくてガマなんです。そうガマ。カエル!

 

通報する前に言い訳を聞いてください。

お願いします。

 

 

f:id:TSUKUBAtaishis:20170825170821j:plain

 

今回こうなったのは筑波山で開催された、とあるイベントに行ってきたからです。

まだこの時はいつも通りのバケモノでした。

 

H29/08/03

これ最近の日付なのですが、これを見て何かビビッと来ませんか?

来なかったらつくば愛が足りません!

 

これ、2983という数字が並んだ、筑波山の日なんです!誰がなんと言おうと。

 

そんなわけで08/03から山の日である08/11まで筑波山ウィークとして盛り上がっていたわけなのですが、そんな中でもラストを飾る毎年恒例の一大イベントがあります。

それが、ガマまつりです。

 

ガマまつりではガマレースが行われ、これは700人近くの人たちが各部ごとに筑波山の道をスーパーダッシュしまくるというヤバいイベント。

 

f:id:TSUKUBAtaishis:20170825170735j:plain

 

五十嵐市長が挨拶を済ませ、これからガマまつりが始まろうとしていたその時。

「あっ、あそこにタスキをかけたヘンな人がいるぞ!」

 

 それを聞いた司会のアントキの猪木。(茨城県かすみがうら市出身)

「こっちへ来て。なんだね君は。」

 

 

f:id:TSUKUBAtaishis:20170825170835j:plain

 

f:id:TSUKUBAtaishis:20170828171623p:plain

「勝手につくば大使っす」

 

猪木

「何、勝手にやってんの。じゃあ勝手に走んなきゃな。」

 

 

f:id:TSUKUBAtaishis:20170825170831j:plain

 

f:id:TSUKUBAtaishis:20170828171623p:plain

「え」

 

猪木

「そうだ、お前は全部走らなきゃだめだな、勝手に。」 

 

 

 

 

f:id:TSUKUBAtaishis:20170825170653j:plain

f:id:TSUKUBAtaishis:20170828171623p:plain

「これは予想してなかった!!キツい!!!」

 

 

 

 

f:id:TSUKUBAtaishis:20170825170841j:plain

ガマレースには小学生未満の「オタマジャクシの部」から小学校1年生~6年生の各男女別の部ガップル(カップル)の部がまクイーン(女性全体ガチ)の部がまキング(男性全体ガチ)の部ゆるキャラの部など計17レースくらい開催され、後半になるにつれ距離が伸びていき150m~500mの山間を駆け上がっていく恐ろしいイベントでした。

 

 

f:id:TSUKUBAtaishis:20170828171623p:plain

「ハァ…ハァ…小学生、、まじで速すぎる、、、こんなに走るとは思わなかったぜ…」

 

 

 

f:id:TSUKUBAtaishis:20170825170729j:plain

「大使~~!!今こそ頑張りましょう!!私たちも一緒に走ります!!」

 

何と恐れ多いことに、本物のつくば観光大使

小村悦子⛰フリーアナウンサー&観光大使 (@etsukomura) | Twitter

日下部純 (Jun Kusakabe) (@juncha__) | Twitter

のお二人が参戦!

 

f:id:TSUKUBAtaishis:20170828171623p:plain

「つくばの大使として、負けられない戦いがそこには、ある!!走りましょう!!」

 

 

 

f:id:TSUKUBAtaishis:20170825170827j:plain

 

しかも裸足で。

本物の大使さんが靴を脱いだら勝手にの自分が脱がないわけにはいかない!!

 

f:id:TSUKUBAtaishis:20170828171623p:plain

燃えてきたぜ。勝手に。」

 

 

f:id:TSUKUBAtaishis:20170825170801j:plain

 うおおおおおおおお!!!

 

 

 

f:id:TSUKUBAtaishis:20170825170751j:plain

チャイム(赤プル…茨城県常総市出身の赤いプルトニウムさんとその旦那さんコンビ)が大使を見て応援してくれました。

 

「いづまでも調子に乗ってんじゃねーかんな!がんばれ~!」

 

f:id:TSUKUBAtaishis:20170828171623p:plain

「おっしゃおらぁああああ!!まだまだ走るぜ!!」

 

 

f:id:TSUKUBAtaishis:20170828190445j:plain

そして時にはゆるキャラとしてシレっと混ざりこんで子供たちに相手をしてもらい、精神修行だと思い乗り切る。

 

そしてついにラストのがまキングの部が始まろうとしていた。

 

 

 

f:id:TSUKUBAtaishis:20170825170845j:plain

ちなみにがまキング、つまり500mの長距離山道を駆け抜け優勝すると1年間の幸せが訪れるという。福男的な。

 

 

f:id:TSUKUBAtaishis:20170828171623p:plain

「うおっしゃあああいくぜぇえええ」

 

f:id:TSUKUBAtaishis:20170825170710j:plain

 

f:id:TSUKUBAtaishis:20170825170715j:plain

 

f:id:TSUKUBAtaishis:20170825170701j:plain

 

 

f:id:TSUKUBAtaishis:20170828171623p:plain

まじでヤバすぎ。ゲロ吐くかと思った。」

 

普段運動もせず、勝手に暮らしているコムとは裏腹に、レース会場には陸上経験者などガチで筑波山頂(てっぺん)を獲りに来てる強豪ぞろい。

いきなり勝手に走って勝てるようなイージーなレースでは全然ありませんでした。

 

f:id:TSUKUBAtaishis:20170828171623p:plain

「ボコボコに負けたけどやりきったから不思議。アントキの猪木さん、、今思うとおかげで攻めきれた。ありがたい、、!!」

 

f:id:TSUKUBAtaishis:20170825170721j:plain

冷静にヤバい記念写真を撮って、今回は山から静かに下りました。

 

幼稚園生から大人まで、がっつり本気で楽しめるアツくて奇妙なイベントでした。

みなさんも来年からレースに参加して、てっぺん獲っちゃってください!

 

ちなみにコムは次の日20時間寝ました。鍛えなおします。

 

ガマまつりの詳細ページ

一般社団法人 つくば観光コンベンション協会» » 第69回筑波山ガマまつり・がまレース開催!【8月11日(金・祝)山の日】

関連記事

 筑波山の名物と言えばこれ!みよこの七味の「神橋亭

www.katteni-tsukubataishi.jp

 

 桜にある謎のカエル像にログイン。市役所に突撃!「カエルの像の謎

www.katteni-tsukubataishi.jp

 

 

筑波山、男体山と女体山って何?お店のじいちゃんに聞いてきた!「筑波山ドライブイン

www.katteni-tsukubataishi.jp

 

 

次回予告

 たこ焼きのおおきやの大木さんに、裏話を聞いてきた!

f:id:TSUKUBAtaishis:20170828191835j:plain

おたのしみに~!(*´▽`*)